長く住めるこだわりの家を建てられる北九州の注文住宅会社ランキング » はじめての注文住宅Q&A » 注文住宅は高いのか?

公開日: |最終更新日時:

TOPIC

注文住宅は高いのか?

自分の理想を詰め込み、細部までこだわり抜いた注文住宅は、まさに夢のマイホームと言えます。

しかし、注文住宅は決して簡単に手に入るものではありません。特に費用は大きなハードルとなって立ちはだかってきます。実際に、注文住宅を建てようとしたけれど費用の面で諦めざるを得なかった人も多いのではないでしょうか。ここでは、北九州で注文住宅を建てたい人に向けて、注文住宅の費用や上手なコストダウンの方法について解説していきましょう。

費用が高い理由

工期が長い

シンプルな理由ですが、工期が長ければ長いほど、当然費用も大きくなります。建売住宅の場合は、あらかじめ同じデザインや間取りが用意されているので、短い工期で一気に家を建てることができ、その分人件費や材料費が安く抑えられるのです。この点は建売住宅の代表的なメリットでもあります。

対して、注文住宅はまったく逆です。建売住宅のような同一の住宅モデルではなく一つ一つ異なるデザインとなる注文住宅は、必然的に工期が長くなり、費用も高くなってしまうのです。

内装や設備にこだわりすぎる

注文住宅は、既存のスタイルにとらわれない自由なスタイルでの設計ができるのが大きな魅力です。そのため、多くの施工主は内装や設備にこだわり、自分だけの理想の住まいを実現しようとします。しかし、残念ながら予算は無限ではありません。そうしたこだわりをすべて詰め込もうとすると、簡単に予算オーバーしてしまうのです。この点は注文住宅の魅力やメリットと背中合わせの落とし穴と言えるでしょう。

建築会社に支払う諸経費が高い

家を建てるための費用の内訳は、家や土地そのものの価格だけではありません。建築会社に支払う諸経費もその内訳に含まれます。家や土地の価格には多くの人が注目しますが、この諸経費は意外に見落としがちな点です。特に注文住宅会社では、希少な素材や輸入品などを扱っている分この諸経費が高くなっていることもあるので注意が必要です。

コストダウンのポイントを知る

延床面積を減らす

一般に住宅のすべての階の合計面積である延床面積は、大きいほどコストが増大します。ハウスメーカーの見積書では延床面積から建設費用を算出しているので、コストダウンのための直接的な方法は、延床面積を減らすことになります。

こだわるところとそうでないところを分ける

注文住宅にこだわりや理想を無制限につぎ込むことはできません。したがって、コストダウンのためには、本当にこだわるべきポイントを絞ることが重要です。見た目や好みで選ぶだけではなく、実際にその家で生活したときの様子をシミュレーションすることで、本当に必要なこだわりが見えてくるでしょう。

オプションは本当に必要な物だけを選ぶ

注文住宅にはさまざまな魅力的なオプションがあります。しかし、これもまた無制限に設置することができません。大量のオプションや設備を追加しても、実際にそこで生活してみるとあまり必要ではなかったり、年に数回しか設備を使わなかったりするというのはよくあるパターンです。こだわりポイントと同様、各種オプションについても本当に必要なものをしっかり見極めることがコストダウンに繋がります。

RANKING

快適に長く住める家を
コスパよく建てられる
北九州の注文住宅会社
ランキング
エスプリホーム
エスプリホーム公式HPキャプチャ
引用元:エスプリホーム公式HP
https://www.esprit-home.jp/
建物価格:
2,275 万/35 坪
坪単価:
65
               

公式HPを見る

詳細を見る

電話で問い合わせる

クレスト・ホーム
クレスト・ホーム公式HPキャプチャ
引用元:クレスト・ホーム公式HP
https://cresthome-jpn.co.jp/
建物価格:
2,000 万/35 坪
坪単価:
57.1
               

公式HPを見る

詳細を見る

電話で問い合わせる

一条工務店
一条工務店公式HPキャプチャ
引用元:一条工務店公式HP
https://www.ichijo.co.jp/
建物価格:
2,394 万/35 坪
坪単価:
68.4
               

公式HPを見る

詳細を見る

電話で問い合わせる

※3社の選出理由:長期優良住宅とZEHに対応していて、公式HP上に参考価格が記載されている、北九州の住宅メーカー3社をピックアップしています。